生物

石炭紀に存在した太古のG〜プロトファスマとアプソロブラッティナ〜

今回からテーマは石炭紀に移行!   アーケオプテリスをはじめとする植物が森を形成したことによって、翅(はね)を持つ昆虫やムカデのような多足類が地上に多く現れた時代です。   また年間を通して高温多湿な気候だったその...
哲学

本来の個性を取り戻す三段階~キルケゴール③~

  前回の記事では、人間が機械の部品のように過ごし個性が失われた状態で生きることを“絶望”と言いました。   ではどうすれば個性に溢れ、他の誰でもない自分を取り戻すことができるのか…。   それは...
哲学

人間は本来、他の誰とも違う個性を持っている~キルケゴール②~

の続き…。   前回の記事ではキルケゴールの思想に入る前に、彼の生い立ちから見ていきました。   厳しい教育を受けて育つ中、あるとき父が犯した罪の告白で荒み、再び自分を取り戻すも最後は孤独に生...
哲学

大地震~キルケゴール①~

今回からフォーカスしていくのは実存主義の第一人者セーレン・キルケゴールです。    ヘーゲルが考えた"多様な考え方を擦り合せることで、いずれは真理にたどり着ける"という哲学観に影響され、独自の考え方を見出した人物です。 ...
生物

生命多様化のはじまり〜古生代(後編:デボン紀、石炭紀、ペルム紀)〜

の続き…。   前回のカンブリア紀からシルル紀に続き、それ以降の古生代の話になります。    この頃から陸上の生態系が出来上がっていきます。    まずは魚の時代と言われるデボン紀についての...
文学

お金を使わないならば、金持ちも貧乏も同じだろう~徒然草~【第二百十七段】

     第二百十七段 或大福長者の云はく、「人は、万をさしおきて、ひたふるに徳をつくべきなり。貧しくては、生けるかひなし。富めるのみを人とす。 ある大金持ちが言うには、「何をさしおいても、ひたすら金(富)...
芸術

英雄視される地獄の支配者~ベルゼブブを呼ぶサタン~

聖書において高位に存在していた大天使ルシフェル。   神が自分よりも人に対して愛を持って接していたことによる嫉妬や、自らの傲慢から神に叛逆したとされています。   神に背いたルシフェルはミカエルとの戦いの末地獄へ堕...
宗教

悪魔を出し抜いた聖人の絵~聖人と悪魔~

神に背き地獄に堕ち、地獄の支配者となったサタン(ヘブライ語で敵対者の意)。   キリスト教における悪魔は、このサタンの下に集う堕天使を指します。   サタンや悪魔たちは人を7つの大罪に誘惑する存在として忌み嫌われて...
芸術

ブリューゲルの風景画~雪中の狩人~

今回紹介するのはブリューゲルが描いた風景画“雪中の狩人”です。    それまでの認識では、風景画は宗教画や神話画の背景でしかありませんでした。    16世紀に入り、ようやく風景画というジャンルが確立されます。 ...
生物

サメの起源に迫るデボン紀の魚類〜クラドセラケ〜

  ウツボやシャチと並んで海のギャングと称されるサメ。   サメを題材に多くの映画が作られるほど人気の動物ですが、その起源は約4億年も前の古生代(デボン紀)の生物"クラドセラケ"に見られます。     ...
科学

ある元素を別の元素に変換する不思議な膜

元素の変換についての研究   今回は現在三菱重工が実用化に向けて研究中の“ある元素を別の元素に変換する技術”についての話です。   現在私たちの身の回りの元素を意図的に別の元素に変換するには、莫大なエネ...
タイトルとURLをコピーしました