研究

科学

【研究】地中海食が脳にどのような影響を与えるのか…、12年間の研究で明らかになったこと

地中海食といえば、世界中で知られている健康的な食事の一つです。   魚介に含まれる脂質やオリーブから得られる油、全粒穀物から得られるミネラルや炭水化物など、人が欲する三大栄養素以上のあらゆる栄養を摂取することが可能です。   今回紹介するの...
科学

【研究】ケトジェニックダイエットはアルツハイマー病の症状を遅らせる可能性がある(カリフォルニア大学)

炭水化物を可能な限り避け、その分タンパク質や脂質を摂取することで身体をケトーシスな状態にする“ケトジェニックダイエット”。   ・ケトーシス=血中にケトン体が増加した状態 ・ケトン体=アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総称   エネ...
科学

【研究】日本食と脳の健康との関連性(国立長寿科学研究センター)

地中海食を中心とした食事スタイルが健康に良い影響を与えるということは、以前から取り上げてきました。   全粒粉の穀物だったりオリーブオイルや魚介類からなるタンパク質や質の良い油だったりと、体に必要な栄養素がバランス良く取り入れられ、脳の老化...
科学

【研究】紅茶キノコが腸内細菌の活性や血糖値の低下に貢献する(ノースカロライナ大学)

「Kombucha」という発音を聞くと昆布茶を連想しますが、海外では“紅茶キノコ”のことを指すことが一般的です。   紅茶キノコとは、緑茶や紅茶に砂糖(キビ砂糖など)と酢酸菌、そしてSCOBY(菌株)を入れて発酵させてつくる飲み物です。  ...
科学

【研究】断食による脳や腸内環境の変化(中国国立老年病臨床研究センター)

断食は、良くも悪くも人体に影響を与えることがこれまでの研究で明らかになってきました。   一方では長寿遺伝子の活性化を、もう一方では早期死亡リスクの増加を……。   試験管の中での細胞による実験、マウスや線虫による実験、人間の長期的な観察に...
科学

【研究】学校で学び続けることと寿命や老化との関係(コロンビア大学、他)

何か学び続けることは、脳の老化を防ぐ上でとても効果的と言われています。   過去の研究では、教育年数が長いほど、寿命が長いという結果も出ていますが、そのメカニズムはよく分かっていません。   もしかしたら、教育を受ける経済力があるから、より...
科学

【研究】週末のチートデイは許される??(ニューサウスウェールズ大学)

ダイエット中やトレーニング中、好きなものを日を俗に“チートデイ”と言ったりしますよね。   このチートデイですが、場合によっては上手く利用することでストレスを解放し、次のダイエットのモチベーションにもなったりします。   今回は、そんなチー...
生物

【研究】オス・メス協力して花に擬態する珍しいクモを発見(雲南大学)

シャクトリムシやナナフシ、タコやフクロウ(ミミズク)に至るまで、多くの生物の生存戦略として有効とされてきた“擬態”。   天敵に狙われた際、危険を回避する有効な手段として用いられてきた特性ですが、どの生物も自身が周りの環境に合わせたものに擬...
生物

【研究】ジェスチャーを使ってコミュニケーションをとる鳥(東京大学)

以前、人間以外にも“文法”を使ってコミュニケーションをとる動物(シジュウカラ)について取り上げた研究を紹介しました。    その意外性が話題となり、研究の第一人者である鈴木俊貴氏がAbemaTVや各メディアに出演するなどを話題となりました。...
科学

【研究】手術前の高脂肪食による長期記憶障害や認知機能の低下の可能性(オハイオ州立大学)

揚げ物やピザ、ハンバーガーなど、高脂肪食をが体に好ましくない影響があるということはこれまでもいくつか取り上げてきました。   過去、様々な研究に目を通してきましたが、動物の実験でも人間での長期的なデータ分析でも、高脂肪食のメリットは「美味し...
科学

【研究】ハンバーガーやピザを中心とした食事とアルツハイマー病のリスク(ボンド大学、グリフィス大学ら)

ハンバーガーやピザなどの高脂質な食品は、何ものにも代え難いほど私たちの欲求を満たしてくれます。   ですが悲しいことに、これらの食品の美味しさや食べる量に反比例するように、私たちの健康状態も悪くなっていきます。   肥満などの身体的に見られ...
科学

【研究】16時間断食による早期死亡リスク増加の可能性(上海交通大学)

「1日のうち16時間は固形物を口にせず、8時間は自由に食事をしても良い」そんな断食方法がメディアや雑誌で紹介されています。   駆け込みドクター(2015年01月04日(日)/TBS)より   8時間ダイエットや時間制限食(TRE)、または...
科学

【研究】 AIによるライフイベントや寿命の予測が可能に(デンマーク工科大学)

ChatGPTによる要約やプロンプトによるイメージ生成、金融相場の予測など、AIを活用した技術が日に日に身近に感じるようになってきた今日この頃。   AIが得意とする“膨大なデータから予測をする”という能力は、人間による作業では現実的ではな...
科学

コーヒーを飲む人は大腸がんの最初リスクが大幅に低下した(ワーゲニンゲン大学)

朝のコーヒーで体を目覚めさせる。   そんな習慣がある人も多いかと思います。   コーヒーを飲む習慣というのは、カフェインに依存してしまう可能性を高めるということも囁かれていますが、そもそもそんなことを気にせずに飲んでいる場合もあるでしょう...
科学

【研究】自閉症やADHDの子どもの増加にはプラスチック添加物が関係しているかもしれない(ローワン大学、ラトガース大学)

自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断される子どもの数はここ数十年で急激に増加しており、この根本的な原因の究明が急がれています。   日本においても特別支援学校の対象者となる子どもの数が年々増加傾向にあり、そ...
科学

【研究】バイアグラなどのED治療薬がアルツハイマーのリスクが50%を下げる可能性(クリーヴランドクリニック、他)

勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬として代表的なバイアグラ。   EDの治療薬といえば有名すぎるほど有名な薬です。   バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素を阻害...
科学

【研究】飲料からマイクロプラスチックを取り除く簡単な方法(広州医科大学)

これまでに紹介したいくつかの研究などにより、食べ物や飲み物から摂取されるマイクロプラスチック(ナノプラスチック)が、長期的な健康を害している可能性があることが度々報告されるようになってきました。   神経変性などによってアルツハイマー病など...
科学

【研究】画面を通した刺激が子どもに及ぼす影響(ミシガン大学、他)

子どもを育てる上では、テレビの画面やタブレットで知育になる動画やアニメなどを流す“スクリーンタイム”は、家事に追われる親の負担の軽減に大きく貢献してくれます。   スクリーンタイムは適度に触れさせる分には子どもの脳育に効果的かもしれません。...
生物

【生物】3億9千万年前の地層から世界最古の森林化石が発見される

現在からおよそ4億1700万年前〜3億5400万年前の地球はデボン紀と呼ばれ、それまで生態系の弱小グループだった“魚類”やその仲間たちが一気に海洋生態系の頂点に君臨する時代となりました。    Marchan Blog より    海では強...
科学

【研究】イソロイシンを制限したマウスは寿命が最大33%伸びた(ウィスコンシン大学)

食べ物を摂取するということは、体内で複雑な化学反応を経て栄養となり吸収されていくことにつながります。   現在の科学ではそのメカニズムの完全な解明には至っていませんが、ある特定の物質を制限すると、どのような反応が起こるのかを予測することはで...
科学

【研究】都会の人間は植物を消化する能力を徐々に失いつつある(ベン=グリオン大学)

何億年と続く生物の歴史の中で、人類生まれてきたのはほんのわずかな時間しかありません。    古生代の何億年という歴史に比べたら、現生人類であるホモ・サピエンスは古くても40万年程度の歴史の中で歴史を紡いできました。   そんな人類の科学が発...
科学

【研究】最新の研究で明かされた早期認知症リスク増加に関する要因(エクセター大学、他)

もの盗られ妄想をしてしまう、料理などの複雑な作業ができない、言葉の意味が分からなくなる……認知症の初期症状にみられるこれらの症状。   老化に伴って発症するリスクが高まる認知症ですが、若年層(65歳未満)でもその危険性は十分にあります。  ...
科学

【研究】毎日9,000~10,500歩で座ることによる運動不足がチャラに(シドニー大学)

「一日1万歩」というのは、健康的な習慣の一つとして耳にしたことがある方も多いかと思います。   身体活動が増えることは病気を予防するため、健康を手に入れるために必要な行為です。    デスクワークなど座ることの多い現代では、活動によるメリッ...
科学

【研究】脳の「恐怖スイッチ」とそれをオフにする方法を発見(カリフォルニア大学)

命綱なしで屋上から地上を見たとき、熊やライオンなどの人間を圧倒する生き物が目の前に現れた時……。   一歩間違えたら死が待っているという恐怖の前で、平然としていられる人間は多くないでしょう。   恐れることは生物の遺伝子に刻みこまれた生存本...
科学

ブロッコリーに含まれる抗がん化合物が血栓の予防になる可能性(シドニー大学)

消費量が多く、国民の生活上重要性が高い野菜として位置づけられるものは「指定野菜」と呼ばれています。   安定供給が望まれる品目であり、もし価格が下落したとしても国からの補助によって農家の生産がサポートされる仕組みとなっています。   202...