【記事まとめ】ソクラテスの弁明

文学
文学
この記事は約3分で読めます。

今回のまとめは哲学者プラトンが著した“ソクラテスの弁明”です。

 

プラトンの師であるソクラテスは自分の行いを何かに記すことはありませんでした。

 

周りの人や弟子たちが彼の様子をまとめ、現代でも知られるソクラテス像が出来上がっています。

 

そんなソクラテスを知るための有名な著書がこのソクラテスの弁明です。

 

しかしソクラテスの弁明は彼の行いが世に知れ渡った後、最期の場面を記しているに過ぎません。

 

なので自分がまとめるに当たり、読む前の予備知識も併せて記事にしました。

 

前3記事にてまとめているので、気になる方は遊びにきてください!

 

 

ソクラテスの弁明を読む前の事前知識~ソクラテスの弁明①~

1記事目は先ほどお伝えしたソクラテスという人物についてまとめています。

彼がひたすら道行く人に問答していたのは、ただイチャモンをつけたかったからではなく、それを使命だと思っていたからということが分かります。

 

 

ソクラテスVSメレトス~ソクラテスの弁明②~

2記事目から“ソクラテスの弁明”の要約に入っていきます。

メレトスとソクラテスが裁判所でそれぞれの主張を繰り広げ、有罪か無罪かの判決を決めることになります。

 

 

私が受けるべきは本当に罰なのか~ソクラテスの弁明③~

3記事目も引き続き裁判の様子をまとめています。

一度出た判決の後もさらに弁明する機会が与えられます。

例え有罪になったとしても、罪を認め改心する意志が伝われば酌量の余地が与えられます。

ソクラテスの判決の行方はどうなるのか……。

ソクラテスの弁明のクライマックスまでをまとめています。

 

スポンサーリンク
KTAGをフォローする
スポンサーリンク
読む睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました