人以外に文法を持つ動物〜シジュウカラ~

生物
この記事は約2分で読めます。

本日は近くの公園に散歩に出かけました。

  

寒くなってきましたが、まだ緑が青く生い茂っています。

林

 

今回はそんな散歩中に撮ったシジュウカラの写真を紹介しながら、彼らの特徴についてお伝えしていきます。

シジュウカラ

 

  

文法を操るシジュウカラ

シジュウカラは現在知られている限り唯一、人間以外に文法を使いこなす動物と言われています。

  

ちょっとぼやけたシジュウカラ

例えばピーツピと高い声で鳴くと周囲に敵がいることを示し、ジジジジと鳴くと仲間を集める呼び声になるといいます。

  

ふたつを組み合わせてピーツピジジジジと鳴くと、周りをキョロキョロと警戒しながら集まってくるそうです。

 

シジュウカラの横顔

  

鳴き声を録音したテープを流してもシジュウカラたちはそれを理解します。

  

ピーツピと音を流せば周りを警戒するように頭を動かし、ジジジジと音を流せば音源の近くな寄ってきます。

  

もちろんピーツピジジジジと流した際も反応があります。

  

しかしジジジジピーツピと逆の順で録音したテープを流したところ、警戒や接近の反応が見られなかったそうです。

  

ガン見するシジュウカラ

このことからシジュウカラは、鳴き声を組み合わせて文を作りコミュニケーションをとっていると考えられています。

 

参考)

文法を操るシジュウカラは初めて聞いた文章も正しく理解できる(2017年7月)

 

身近な鳥でひとつですが、知らない間にとても高度なコミュニケーションをとっていたのですね。

  

もっと研究が進んだら、いつかシジュウカラと話せるようになるかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました