【韓非子㉜】己の行動や心情は相手に利用される

哲学
哲学
この記事は約4分で読めます。

この記事では、中華戦国時代末期(紀元前403~紀元前222年頃)の法家である“韓非”の著書韓非子についてまとめていきます。

      

韓非自身も彼の書も、法家思想を大成させたとして評価され、現代においても上に立つ者の教訓として学ぶことが多くあります。

        

そんな韓非子から本文を抜粋し、ためになるであろう考え方を解釈とともに記していきます。

      

【本文】と【解釈】に分けていますが、基本的に解釈を読めば内容を把握できるようにしています。

       

今回のテーマは“而(なんじ)の言(げん)を慎め、人且(まさ)に女(なんじ)を知らんとす”です。

      

                        

                

而の言を慎め、人且に女を知らんとす

【本文】

申子曰わく、上の明(めい)見(あらわ)るるときは、人之(これ)に備え、其の不明現るるときは、人之を惑わす。

 

其の知見るるときは、人之を飾り、不知見るるときは、人之を匿(かく)す。

 

其の無欲見(あらわ)るるときは、人之を伺い、其の欲有ること見(あらわ)るるときは、人之を餌とす。

 

故に曰わく、吾従(われよ)って之を知る無し、惟(た)だ無為を以て之を規(うかが)う可(べ)し、と。

 

一に曰わく。

 

申子曰わく、而(なんじ)の言(げん)を慎め、人且(まさ)に女(なんじ)を知らんとす。

 

而の行いを慎め、人且に女に随(したが)わんとす。

 

而知有ること見るるや、人且に女に匿さんとす。

 

而の無知見るるや、人且(まさ)に女を意らんとす。

 

女知ること有るや、人且に女に蔵(かく)さんとす。

 

故に曰わく、惟だ無為(むい)以(もっ)て之を規う可し、と。

 

【解釈】

申子曰く、もし君主が聡明だと知られれば、人はそれに対して用心をし、君主が聡明でないと知られれば、人々は君主を騙そうとする。

 

君主が(臣下や物事についての事情を)知っていると分かれば、臣下はあれこれ飾り立て、君主が事情を知らないと分かれば、そのことを隠してしまう。

 

また、君主の無欲が分かれば、人々はそれに調子を合わせ、欲があると分かればそれを利用しようとする。

 

故に古人は言った、「相手の実態を知るためには、あれこれこちらが動く必要はない。ただ、己の心を表に表さず、何もしないふりをして相手を伺うことだ」と。

 

また、このようにも伝わっている。

 

申子曰く、汝の言葉をつつしめ、人はそれによってあなたを知ろうとする。

 

汝の行いをつつしめ、人はそれによってあなたの跡を求めようとする。

 

汝に知恵があるのを見れば、人は全てを隠そうとする。

 

汝が無知と分かれば欺こうとする。

 

汝に事の知恵があると分かれば、隠して知られまいとし、事の知識がないと分かれば、あなたを侵害しようとする。

 

だから古人はこう言った。

 

「相手には、ただ己は何もしないふりをして、じっと伺うのだ」と。

 

 

己の行動や心情は相手に利用される

君主の好悪を悟られると、それを悪用する者が現れるという事を述べた節です。

 

それを防ぐために、君主は何もない(しない)ふりをすることが大切と言っています。

 

あくまでも何もしない“ふり”であり、裏では公平な賞罰や臣下の扱い方など、やるべきことはやることが前提での話でとなります。

 

そうすることで、君主の顔色を伺うような臣下が現れず、足元をすくわれることがないということですね。

 

申子とは韓の政治家“申不害”のことです。

 

申不害(?〜紀元前337年)

 

申不害はもともと身分の低い出でしたが、彼の師が申不害の才能を見出し、昭侯(韓の君主)に謁見した人物です。

 

その際、昭侯から韓を治めるためにはどのようにしたらいいかを申不害に問うと、申は、「君たるものよく為さじ、よく知らず」と答えました。

 

これは申不害の“術”と呼ばれる思想に基づくもので、君主が臣下の能力に応じて職を与え、言動と実績を比較し、賞罰を公平に与えよというものです。

 

申不害の懸命さに感銘を受けた昭侯は、後に彼を韓の宰相として登用し、その手腕を遺憾無く発揮したそうです。

 

当時韓は戦国七雄の中で最弱と呼ばれ、隣国である魏と秦の脅威にさらされていました。

 

しかし、申不害が宰相の間の15年間は、国は安定し兵は強く、外国からの侵略されず、国土は拡大するまでに至ったと言われています。

 

気付いた方もいるでしょうが、韓非が言っている法の統治とはこの事を言っています。

 

このことから、申不害の思想が韓非に大きく影響していることが分かります。

スポンサーリンク
シェアしてくれると嬉しいです!
スポンサーリンク
読む睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました