最も軽い金属元素~リチウム~

科学
科学
この記事は約2分で読めます。

初期宇宙において、水素ヘリウムに次いで誕生した元素です。

  

水の密度が997kg/m3、対してリチウムの密度は534kg/m3ほどしかなく、金属にも関わらず水にも浮かびます。

 

  

リチウムの用途

・電池として

身近なリチウムといえば、リチウムイオン電池(バッテリー)が挙げられます。

  

軽量で充電効率が高く、多くのエネルギーが取り出せることから、PCやモバイル機器など生活に欠かせないものとなっています。

  

・花火の火薬として

リチウム深紅色の炎色反応を示し、ナトリウムやカリウムなどと一緒に打ち上げ花火の火薬と一緒に利用されたりしています。

  

・薬として

化合物の炭酸リチウムは、双極性障害(躁うつ)の治療薬として使われています。

  

リチウムイオンは、双極性障害患者の神経細胞内の信号伝達に関わる特定の酵素の作用を妨げる力があります。

  

そのため細胞の興奮を鎮め、抗躁効果が生じるのです。

  

  

リチウムの産地

アタカマ塩湖

  

リチウムの有名な産地として、チリのアタカマ塩湖があります。

  

リチウムの埋蔵量が全世界の約27%を占めており、南米ボリビアのウユニ塩原やリンコン塩原も合わせると世界の約80%の埋蔵量があるとされています。

  

  

リチウムの発見

ヨアン・オーガスト・アルフェドソン (1792~1841年)

  

リチウムは、1817年にヨアン・オーガスト・アルフェドソンによって発見されました。

  

科学者ベルセリウスの研究室で、ペタル石(葉長石)を分析していたところ、リチウムの存在に気づきました。

  

ギリシャ語のLithos(石)にちなんで名付けられました。

  

ペタル石(葉長石)

  

スポンサーリンク
KTAGをフォローする
スポンサーリンク
読む睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました