3種類の文字の謎~ロゼッタストーン~

歴史
この記事は約2分で読めます。

ロゼッタストーン

ロゼッタストーンは、1799年7月にナポレオン率いるフランス軍兵がエジプトにて発見した、文字の古代文字が刻まれた石です。

その石には3種類の文字が書かれてあり、発見から長きにわたり内容が完全に解読されることはありませんでした。

 

後に、“ヒエログリフ”とそれを簡略化した文字である、“デモティック”、そして解読の決め手となった“ギリシャ文字”が記されていることが分かり、イギリス人学者のトーマス・ヤングとフランス人学者のジャン=フランソワ・シャンポリオンによって解読されました。

ロゼッタ・ストーンの内容

解読されたロゼッタ・ストーンには、ギリシャ人ファラオであるプトレマイオス5世の業績や、法令が記されていました。

プトレマイオス5世

同じ内容が記された石が、ダマンフルとヘルモポリス・パルヴァからも発見されており、配下のエジプト人に、「自分は神である」と納得させるためのものと考えられています。

 

未知の言語の解読ってロマンがありますね!

 

知らない文化や風習、儀式など当時の技術がを知ることが、今の文化の発展にもつながる可能性がありますし!

 

文化とは違うかもしれませんが、ヴォイニッチ手稿の解読も待ち遠しいです。

 

誰かがいたずらに作ったならそれでもいいですが、もし解読されたら…?というワクワクも同時に感じているところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました