生物

生物

オジギソウがおじぎをする仕組みと理由を解明

以前の記事にて、マメ科の植物は根粒菌と共生することで、空気中の窒素を土に還す数少ない植物であることをまとめていきました。    そんなマメ科の植物の中に、葉に衝撃が加わると不思議な挙動をする“オジギソウ”が存在します。 ...
生物

50年前と比べて、ミツバチの寿命がおよそ半分に

      私たちが毎日食べている野菜や果物。    ミツバチの活動は、これら果実の実りに欠かせないものになっています。    国連環境計画(UNEP)では、“世界の食料の90%を占める100種...
生物

歯よりも帆に目がいく人気の古生物~ディメトロドン~

石炭紀に繁栄した大森林は地球に大きな変化をもたらします。    光合成によって温室効果ガスである二酸化炭素を取り込み酸素を排出。    温暖だった地球が徐々に冷え、石炭紀の終わりには南半球で氷河が広がります。 ...
生物

史上最大の淡水魚~リゾドゥス&ハイネリア~

現在世界最大の淡水魚といえばアマゾンに生息するピラルクが挙げられます。    1億年以上姿が変わっていないことから、シーラカンス同様生きた化石とも言われています。    ピラルク     体長は1〜3メ...
生物

人間と動物の目に映る色の違い

山で狩猟をする際にはオレンジのベストを身に着けている姿をよく見かけます。    実際、猟友会や自治体からオススメされている服装について情報を追ってみると、「オレンジ」のベストが推奨されていることが多いです。    ...
生物

哺乳類の祖先~アーケオシリス ~

今回紹介するのは“アーケオシリス”です。   哺乳類の祖先である単弓類に当たり、知られている限り最古の単弓類として知られています。   この記事では、まずはアーケオシリスに触れ、後半にて単弓類と双弓類についてまとめ...
生物

史上最大の無脊椎動物~アースロプレウラ~

前回は史上最大の昆虫と言われているメガネウラを紹介しました。    当時石炭紀の酸素濃度が35%と非常に高い状態が、生物たちの体を大きくしたと考えられています。    さて今回紹介するのは約3億年前に生息したヤスデ...
生物

石炭紀を代表する史上最大の昆虫〜メガネウラ〜

遂にきました石炭紀の大人気生物メガネウラ!   大昔には巨大なトンボがいてな……なんて話をされたなら、十中八九コイツの話題というくらいメジャーな古生物です。   現在世界で最も大きいなトンボは全長16cmのテイオウ...
生物

暁のオタマジャクシ〜エオギリヌス〜

石炭紀は両生類の多様化と共に、その一部が爬虫類の原型となっていった時代でもあります。   陸上では大気中の酸素を効率的にエネルギー化することに成功し、体を大きくしたり空を飛ぶ昆虫類が勢力を伸ばします。   一方、沼...
生物

石炭紀に存在した太古のG〜プロトファスマとアプソロブラッティナ〜

今回からテーマは石炭紀に移行!   アーケオプテリスをはじめとする植物が森を形成したことによって、翅(はね)を持つ昆虫やムカデのような多足類が地上に多く現れた時代です。   また年間を通して高温多湿な気候だったその...
生物

生命多様化のはじまり〜古生代(後編:デボン紀、石炭紀、ペルム紀)〜

の続き…。   前回のカンブリア紀からシルル紀に続き、それ以降の古生代の話になります。    この頃から陸上の生態系が出来上がっていきます。    まずは魚の時代と言われるデボン紀についての...
タイトルとURLをコピーしました