【ギリシャ神話:ヘラクレス編】記事総まとめ

神話
この記事は約9分で読めます。

 

ギリシャ神話の大ヒーローヘラクレス。

 

彼の話もひと段落したので、関連記事を簡単な紹介とともにまとめていきます。

 

この記事を見れば、ヘラクレスの冒険について大体分かります。

 

気になった物語があったら、詳細の記事を見てくれると嬉しいです。

 

・ヘラクレスの誕生

ゼウスの浮気によってアルケイデス(ヘラクレス)が生まれます。

ゼウスの妻のヘラがゼウスの浮気に怒り心頭。

最高神のゼウスに対しては罰を下すことができないので、代わりにアルケイデスへの嫌がらせが始まります。

 

・ヘラの嫌がらせ

ヘラがアルケイデスのゆりかごに蛇を放ちます。

しかしアルケイデスは、赤ん坊でありながら蛇を握り潰す程の胆力持ち主でした。

その後もヘラの嫌がらせに屈せず、英雄たる教育を受けながら成長します。

音楽の分野が苦手で、出来の悪いアルケイデスを叱った先生が、逆に殺されてしまったりとうっかりハプニングもありました。

 

・アルケイデス、10の試練を授かる

妻もでき、子供も授かった幸せなアルケイデスにヘラが嫌がらせ。

ヘラの呪いによってアルケイデスは自分の子どもを殺してしまいます。

罰として住んでいた国から自らを追放します。

その後神の信託を受け、ヘラクレスという名前を与えられ、試練が始まります。

 

・ネメアの獅子とレルネのヒュドラ退治

ネメアにて、剣も矢も効かない獅子に苦戦しますが、最終的に絞め殺します。

レルネにて、猛毒の怪物ヒュドラと戦います。

甥のイオラオスの手を借りヒュドラを退治。

「一撃必殺の猛毒の矢」を入手します。

 

・ケリュネイアの鹿とエリュマントスの猪

神でも捉えることが難しい鹿を1年間追い回し、疲れたところを捕獲します。

エリュマントス山にて猪を捕獲しようとしますが、道中ケンタウロス族のいざこざに巻き込まれます。

誤ってケイロンを必殺の毒矢で射てしまいます。

それを嘆いたヘラクレスの叫びに山の猪は委縮。

ブルブル震えているとこをあっさり捕獲。

 

・牛小屋の掃除と怪鳥退治

30年積もり積もった家畜の糞でまみれた小屋の掃除を頼まれます。

1日で終わらせることが条件でしたが、川の水の流れを変えて一気に洗い流すことで糞便を掃除しました。

また、ステュンパロスという湖にいる怪鳥の群れを追い払う試練も受諾。

神に作ってもらった巨大な鐘とヒュドラの毒矢で、見事怪鳥を追い払いました。

 

・クレタ島の牡牛に恋するパシパエ

次の試練はミノス島の暴れ牛の捕獲。

その牛と真っ向勝負して、力でねじ伏せ試練を達成します。

その牛とミノス島の王女が色々あってミノタウロスを生みます。

 

・ディオメデスの人食い馬

人を喰うという馬の生け捕りの命が下ります。

ディオメデスという人物が、旅人を馬に与えていたことに怒ったヘラクレスが、ディオメデスを成敗。

その際ヘラクレスの愛人の少年アプデロスが死んでしまいますが、無事試練を達成します。

 

・ヘラクレスに惚れ込むアマゾネスの女王

アマゾネスの女王の帯を入手するためにアマゾンへ遠征します。

アマゾン女王と仲良くなりますが、ヘラの邪魔が入ったことで関係がメチャクチャに。

最終的に力ずくで帯を奪取し試練を達成します。

 

・ゲリュオンの紅い牛

3つの頭、3つの体、6つの腕、6つの足を持つ怪物ゲリュオンが所有している紅い牛の捕獲を捕獲に行きます。

番犬オルトロスを瞬殺し、ゲリュオンとも戦いますが難なく勝利。

見事紅い牛を入手します。

ここで10の試練を達成したかに思えました。

しかし、ヒュドラ退治とアウゲイアスの家畜小屋掃除の試練はワケあって無効に。

追加で二つの試練が課せられます。

 

・ヘスペリデスのリンゴ

ゼウスの妻であるヘラが管理する園に実る黄金のリンゴの入手に奔走します。

かつてゼウスに敵対していた神の力を借りて、無事リンゴを入手。

ヘラクレスのずる賢い一面が見られます。

・最後の試練「ケルベロス」

最後の試練は、黄泉の国のケルベロスを連れてくること。

神々の力を借りて、黄泉の国のハデスに直談判。

見事ケルベロスを連れ出すことに成功します。

エウリュステウス王はこれに恐怖し、すべての試練の達成を認めました。

・死して神になったヘラクレス

全ての試練を終えたヘラクレス。

妻と旅をしている途中、ケンタウロス族にちょっかいを出されます。

そのちょっかいがきっかけで、妻のディアネイラがヘラクレスにヒュドラの毒が着いた下着を身に付けさせてしまいます。

不治の毒に侵され続けるならば死を選ぶとして、神々に自らの命を捧げた際ゼウスに認められ、晴れて神の一員になることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました