レモンはすっぱいのにアルカリ性食品…なぜ?~酸性食品とアルカリ性食品~

科学
この記事は約2分で読めます。

酸性食品とアルカリ(塩基)性食品

酸性とアルカリ性と言えば、義務教育時代から聞き慣れてきた言葉のひとつかと思います。

 

レモン汁を青色のリトマス試験紙に浸すと赤色に変色して酸性になるということは、実験や動画、学校の授業などで知ることになった人もいるでしょう。

キリヤ科学より引用

レモン汁は確かに酸性ですが、「レモンは何性の食品ですか?」と聞かれたら、「アルカリ性です。」と答えなければなりません。

 

これは一体どういうことなのでしょうか…?

実は、レモンを焼いた灰の水溶液はアルカリ性を示すのです。

 

これは食べてから燃焼(消化~代謝)するまでの反応も同じで、レモンが食べものとして体内に入ると酸性ではなくアルカリ性として作用します。

 

レモンがアルカリ性食品になる理由

レモンや梅干しなどのすっぱさの原因は、なんと言ってもクエン酸(C6H8O7)です。

 

クエン酸(C6H8O7)を燃焼(+O2)させると、二酸化炭素(CO2)と水(H2O)に変化し、二酸化炭素などは呼吸するうちに体外へ排出されます。参考式

 

レモンの残りの成分は、炭酸カリウム(K2CO3)が主です。

 

炭酸カリウムは水に溶けるとアルカリ性を示す物質であるため、最終的にアルカリ性の食品として体内で作用するのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました