コロナ騒動で事件が進展~2000年前の投石弾が犯人によって返還される~

雑記
雑記
この記事は約2分で読めます。

世界に広がったコロナウイルスの脅威。

  

世界の終末をも予見させる令和のパンデミックですね。

  

そんなコロナの騒動の中、2000年前に戦争で使われた投石弾が、犯人によって返還されました。

  

 

 

「世界の終末が近づいている…」

犯人曰く、
「世界の終わりを感じ、身を綺麗にしたかった(良心に従いたかった)…」
とのこと。

 

このことによって、15年振りに博物館に戻ってきました。

  

ある意味コロナ騒動が良い方向に転んだ稀有な例ですね。

 

参考)

STUPID CRIMINAL: Ancient Artifact Returned Over Coronavirus Fears

 

エルサレム攻囲戦

因みにこの石、西暦70年にユダヤ人とローマ帝国の間で起こった第一次ユダヤ戦争(ユダヤ戦争)の際に使われたものらしいです。

 

エルサレム攻囲戦によってエルサレム神殿も破壊され、一部の逃れたユダヤ人達は73年に玉砕するまで戦い続けました。

  

1850年David Roberts作「エルサレム攻囲」

 

更に因むと、この時のローマ軍の指揮官ウェスパシアヌスは、あの皇帝ネロの音楽会にて居眠りをしてしまいます。

 

しかもネロが演奏しているときに!(おバカ!)

  

おかげで信頼を失ってしまうという大ポカをやってしまいます。

  

しかし、その後困窮したローマの財政を徹底した“節約”によって立て直したのもこの人物。

 

当時毛織物に使われていた、“尿”にまで税金を掛けるほどの徹底ぶり。

  

これらの逸話から、イタリア語で公衆トイレのことを“ウェスパシアーノ”というそうな…。

スポンサーリンク
KTAGをフォローする
スポンサーリンク
読む睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました