お金を使わないならば、金持ちも貧乏も同じだろう~徒然草~【第二百十七段】

文学
文学
この記事は約4分で読めます。

 

  

第二百十七段

或大福長者の云はく、「人は、万をさしおきて、ひたふるに徳をつくべきなり。貧しくては、生けるかひなし。富めるのみを人とす。

ある大金持ちが言うには、「何をさしおいても、ひたすら金(富)を儲けるべきだ。貧しくては生きる意味がない。金持ちこそ人である。

 

徳をつかんと思はば、すべからく、先ず、その心遣ひを修行すべし。その心と云ふは、他の事にあらず。

富を身につけようと思ったら、その心構えを修行するべし。その心構えと言っても、何も特別なことではない。

  

人間常住の思ひに住じて、仮にも無常を観ずる事なかれ。これ第一の用心なり。

人の人生は長いことを頭に入れ、仮にも世界の変化に惑わされてはいけない。これが第一の用心である。

 

次に、万事の用を叶うべからず。人の世にある、自他につけて所願無量なり。

次に、全てを叶えようと思わないことである。自分も他人も欲望に限りがない。

  

欲に随(したが)ひて志を遂げんと思はば、百万の銭ありといふとも、暫くも住すべからず。

欲望が従うままに願いを叶えようとすれば、どれだけお金があっても、少しも残ることはない。

  

所願は止む時なし。財(たから)は尽くる後にあり。限りある財をもちて、限りなき願ひに随ふ事、得べからず。

欲望は尽きない。(しかし)お金は尽きることがある。限りあるお金を、限りない欲望に使うことは不可能である。

  

所願心に萌(きざ)す事あらば、我を滅ぼすべき悪念来れりと固く慎み恐れて、小要をも為すべからず。

欲望が心に生まれたときは、我が身を滅ぼす悪念がやってきたと恐れ、小さな欲望も満たしてはならない。

  

次に、銭を奴の如くして使ひ用ゐる物と知らば、永く貧苦を免るべからず。

次に、お金を雑に扱うものと考えていると、貧乏から抜け出すことはできない。

  

君の如く、神の如く畏れ尊みて、従へ用ゐる事なかれ。

君主のように、神のように丁寧に扱い、好き勝手に使ってはいけない。

  

次に、恥に臨むといふとも、怒り恨む事なかれ。

次に、(お金で)恥をかこうとも、怒ったり恨んだりしてはいけない。

  

次に、正直にして、約を固くすべし。

次に、正直に生きて、約束を守るべし。

  

この義を守りて利を求めん人は富の来る事、火の燥(かわ)けるに就き、水の下れるに随ふが如くなるべし。

この心構えを守ってお金を増やそうと思えば、火が乾いた場所に燃え移るように、水が低い所に流れるようにお金が増えるだろう。

  

銭積りて尽きざる時は、宴飲・声色を事とせず、居所を飾らず、所願を成ぜざれども、心とこしなへに安く、楽し」と申しき。

お金が十分に貯まると、派手な宴や女性にうつつを抜かすこともなく、住む場所も着飾ることなく、叶わぬ欲望があったとしても、心はずっと穏やかである。」と申した。

  

そもそも、人は所願を成ぜんがために、財を求む。

そもそも人は、欲望を叶える為にお金を欲しがる。

  

銭を財とする事は、願ひを叶ふるが故なり。

お金を欲しがるのは、願いを叶えるためにである。

  

所願あれども叶へず、銭あれども用ゐざらんは、全く貧者と同じ。何かを楽しびとせん。

欲望があっても叶えず、お金があっても使わないなら、貧乏な人と同じである。一体何が楽しいのだろう。

  

この掟は、たゞ、人間の望みを断ちて、貧を憂ふべからずと聞えたり。

しかしこの掟は、欲望を断ち、貧しさを嘆くいてはならないと言っているようにも聞こえる。

 

欲を成じて楽しびとせんよりは、如かじ、財なからんには。

欲望を叶えて楽しみにするくらいなら、欲望がない方が良い。

  

癰(よう)・疽を病む者、水に洗ひて楽しびとせんよりは、病まざらんには如かじ。

腫れ物の病気を患った人が、水で洗って「楽になった」となるよりは、病気にならない方が良いのと同じである。

  

こゝに至りては、貧・富分く所なし。

ここに至りては(どちらもお金を使わないならば)、金持ちも貧乏も同じだろう。

  

究極は理即に等し。大欲は無欲に似たり。

極まった悟りと極まった迷いが同じようだ。大金持ちになりたいという欲は、お金はいらないという無欲に似ている。
  


お金を守る達人のような人が題材の段ですね。

  

正に手段と目的が逆転した面白い人物でした。

 

“ケチ過ぎるのはお金を持っていないのと同じ”という考えは、今でも通じる所かと思います。

  

自分的に考えたこの大福長者からの教訓は、流行りに流されすぎないこと必要な欲を仕分けることお金の使い方を知ることでしょうか。

 

特に欲を仕分けるタイミングは、生活のあらゆるところで出現するため、“欲は大きくなるもの”と心得て、程々に楽しもうと思います。

  

スポンサーリンク
KTAGをフォローする
スポンサーリンク
読む睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました