ユピテル神殿もびっくり~ノートルダム大聖堂~

芸術
この記事は約3分で読めます。

ノートルダム大聖堂と言えば、日本「名前は知っているけどもどんな形だっけ?」ランキング上位に入賞する聖堂で有名です。(適当)

 

今回はそんなノートルダム大聖堂を身近に感じてもらうべく、まとめていく次第にございます。

 

ノートルダム大聖堂…建つ

ノートルダム大聖堂が建っているいる場所は、かつて古代ローマのユピテル神殿がありました。

Temple of Olympian Zeus in Athens By A.Savin

 

ユピテルとは、古代ローマ神話にて神をまとめる神、ゴッドオブゴッドとして名を馳せている神様です。

 

ギリシャ神話のゼウスと同一視されています。

ユピテル像

 

本来ラテン語であるユピテルの英語読みは「Jupiter:ジュピター」。

 

そうです木星です。

 

そんな神様に関係のある神殿の上に建ったのが、このノートルダム大聖堂です。

 

528年、ユピテル神殿に代わりキリスト教の教会が作られていました。
(ユピテル神殿の出番はもうお終いです。)

 

その後、モーリス・ド・シュリー司教は、大改修されたばかりのサン・ドニ修道院聖堂の壮麗たる美しさに心を打たれ、この古い教会を取り壊し、新たな聖堂を建てようとしました。

 

(建築様式は↓にちょい書き。)

 

新たな大聖堂の建設は1163年に始まり、完成はなんと14世紀初頭。

 

完成当初には、王の彫刻が並べられていましたが、フランス革命によるルイ16世の処刑に伴い民衆が破壊。

 

フランスの王だということで、革命の暴動の最中に首を切り落とされてしまいました。

 

でもこれ…、ユダ王国とイスラエル王国の王様なんですがね…。

1845年には著名なフランス人建築家のヴィオレ=ル=デュクによって修復されます。

 

ノートルダム大聖堂の歴史

ノートルダム大聖堂には色々な名誉のある歴史があります。

 

1185年には、カエサレアのヘラクリウスという人物が、この場所から第三回十字軍を宣言しました。

 

1431年には、イングランド王であるヘンリー16世の戴冠式が行われました。

 

1804年には、ナポレオン・ボナパルトの戴冠式が行われました。

 

1970年にはシャルル・ド・ゴールの葬儀も行われました。

ナポレオン・ボナパルトの戴冠式(赤〇がナポレオン)

フランス革命のとき、大聖堂は「理性の殿堂」と改名され、その後なんやかんやあって「最高存在の殿堂」と改められました。

 

ドン・キホーテは驚安の殿堂と言わるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました