暗黒時代のまとめ役~カール大帝~

歴史
この記事は約2分で読めます。

476年に西ローマ帝国が崩壊したのち、戦争と無秩序が蔓延る暗黒時代が始まりました。

 

崩壊する帝国の領地を争い、対立する諸部族たちによる争いが激化していきます。

 

この暗黒時代は14世紀のルネサンス(文芸復興)期が始まるまでの約1000年間続きます。

 

カール大帝

カール大帝(シャルルマーニュ)は、現在のドイツにあった王国(フランク王国)の君主だった人物です。

 

暗黒時代の最中、バラバラになった西ローマの領地を再統合し、強大なヨーロッパ帝国を築きました。

 

800年のクリスマスの日、ローマ教皇は彼に神聖ローマ帝国の初代皇帝の冠を授け、キリスト教世界の指導者にしました。

カール大帝の戴冠式

戴冠式の時点でカール大帝の帝国領は、現在のフランス、ベルギー、オランダ、スイスに加え、ドイツの大半を含までに広がっていました。

 

神聖ローマ帝国

戴冠式を終え、カール大帝の支配のもと成立した神聖ローマ帝国。

 

この国は、半ば独立した300以上の領地で構成されおり、ヨーロッパ全域を支配しないまでも、後数百年に及び中央ヨーロッパの一大勢力であり続けました。

 

【注意】

ここでアレ?って思う人もいるかもしれません。

 

神聖ローマ帝国帝国の初代皇帝ってオットー一世じゃ….。

   

日本で学ぶ俗説では、962年のオットー一世の戴冠式をもって神聖ローマ帝国の始まりとする場合が多いです。

 

しかし、ドイツの歴史学では、それよりも早い800年のカール大帝の戴冠式をもって神聖ローマ帝国の始まりとしています。

 

要するにどっちも正解なんですね。

 

今回はドイツの歴史学の方を参考にさせてもらいました。

←【カール大帝】  【オットー一世】→

コメント

タイトルとURLをコピーしました