死の直前まで哲学の議論をしていた男~ソクラテス~

哲学
この記事は約2分で読めます。
ソクラテス(紀元前470~前399)

ソクラテスは、西洋哲学の創始者だと考えられていますが、実は本人は書物などを書き残したりすることはありませんでした。

 

ソクラテスについては、他人が見聞きしたことから間接的にしか知ることができません。

 

私たちが知っているソクラテスの多くは、弟子のプラトンの著作に基づいています。

プラトン

 

ギリシャのアテネで生まれたソクラテスは、兵士として武功をあげていましたが、あるときからアテネの社会で奇妙な振る舞いをするようになりました。

 

アテネの町ゆく人たちに積極的に話しかけては対話(議論)をし、論破をしまくるようになったのです。

 

国中を回り、弁論術や政治家としてのスキルを教えていましたが、見返りを欲しがることはありませんでした。

 

論争大好きソクラテス

こうして対話をしているうちに、ソクラテスはアテネ市民とたびたび論争を繰り広げるようになります。

 

例えば…

私は一体何者なのかを知っている

正義とは何なのかを知っている

物事の本質と何かを知っている

・・・

 

こういった人々に対し、実はその人たちはその事柄について全く知らないということを証明(論破)していきました。

 

ソクラテスの最後

あらゆる人を哲学的に論破していったこともあり、権力者からも良く思われていなかったソクラテス。

 

前399年、彼はその教えによってアテネの人々を惑わした罪によって裁判にかけられました。

 

彼は

「自他を吟味しない人生は生きるに値しない」

と主張し無実を訴えましたが、有罪を宣告されました。

 

死刑を宣告されたソクラテス。

 

ドクニンジン飲まされて処刑されることになりますが、死の直前まで友人や信奉者と議論をしていたとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました