現役塾講師のゲームとバイクと日常と

スポンサードリンク
 

【BF1】マルチプレイの感想【レビュー】

   

BF1がリリースされ約1週間が経ちました。

βテストから楽しませてもらったBF1ですが、
製品版も非常に高いレベルで
楽しませてもらっています!

今回は、自分がプレイした感想などを
書いていこうと思います。



楽しいと感じたポイント



①歩兵とビークルのバランス

今作までのBFは、RPG-7などの対戦車ロケット弾の
存在もあり、近・遠両距離から、ビークルへの
対抗手段が豊富にありました。

偵察兵ですらC4爆薬を持っていましたからね…。

しかし、今回の舞台は第一次世界大戦、
正に戦車黎明期です、一筋縄ではいきません。

確かに始めたての頃は戦車の硬さや
攻撃力の高さに驚きました。

しかしダイナマイト、対戦車爆薬、
対物ライフルなどで十分行動不能にできる仕様です。

分隊レベルで連携すれば、
そんなに驚異にもなりません。

むしろ連携することで、
楽しく対戦車戦が出来ると思います。

 


②発砲時にマップに表示されない

これはホントに嬉しい仕様にしてくれました!

今までは一発でも撃ったら何故かミニマップに
自分の位置が表示される…。

CODのような近未来の戦闘なら
まぁいいかなと思っていましたが、

BF3や4でも写っていたのには
疑問を感じていました…。

今回はその仕様が改善!(人によっては改悪??)

ミニマップを見て索敵するのではなく、
戦場を見て索敵することができます!

これにより、更にゲームに
没頭できるようになりました。

 


③リアルなフィールド

流石にPCにはグラフィックで負けますが、
PS4でも、かなり綺麗フィールドを
走り抜けることができます。

 


④ビークル(航空機)

BFの醍醐味といえば、
戦場にという名に相応しい各種兵器達です。

今回は第一次世界大戦ということもあり、
対塹壕兵器(戦車、兵車)などに
スポットが当たりがちですが、

忘れてはならない、空の革命児…
複葉機さんたちの存在も忘れてはなりません。

今回は航空機に乗りながらも、
コンクエストなどの旗に絡めるようになっています。

戦闘機(ファイト)
攻撃機(アタック)
爆撃機(ボンバードメント)

と用途に応じて航空機の使い分けができるように。

自分は攻撃機で空対地支援をするのが好きです。

プレイ動画↓

 


まとめ

グラフィック、戦闘、時代背景…
一新された戦場で楽しくプレイできています!

ただ気がかりなのが、
バグが多いこと…。

無限リロードや、航空機の超次元視点、
戦車浮遊や、フリーズなど、システムレベルでの
バグが沢山あるので、プレイのリズムを崩されることも…。

それを差し引いてもとても面白いゲームだと思います!

最後に無限リロードでお別れです。

 - BF1